先生と話そう!興南高校出身
公務員コース1年:野球部 新屋倫

 今回は野球部対談!なんと顧問の稲福先生と新屋君は興南高校出身の先輩後輩!野球トークをしてもらいました。
━━━ お二人に、まずは興南高校野球部のお話をお願いします。

稲福:僕は23期生で。新屋君は30下のはずだから、新屋君は53期生かな?
新屋:たぶん、53期生(笑)
稲福:僕が興南高校に入学する頃には4期連続で甲子園に出場していて、入学してからは全部準優勝の時代だった。新入生で入部したのは100人超えてたよ。一週間で半分はやめたけど(笑)
新屋:僕らの頃は40名ぐらいでした。途中で辞めたのは4名ぐらいかなぁ。


━━━ 甲子園出場校のイメージだと、練習も厳しそうですね。

稲福:バッティング練習はレギュラーだけ5x3の15球とか。新屋君の頃はみんなバッティング練習できた?
新屋:僕らの頃は朝練も入れてバッティングは200〜300はやってました。
稲福:すごいね(笑)僕らの頃は15球だし、フライあげたらそこで終了だったよ。

稲福:僕らの頃はケンカボールっていうのがあって、30名で円を作って一人が真ん中に立って、ボールを思い切り投げる練習があったんだけど。今でもある?
新屋:僕らの頃は3対3で向かい合って、思いっきり投げるっていう...。
稲福:形を変えて残ってるんだね。
稲福:冬トレの時はずっとボールを使わない練習。800とか1600の中距離とかタイヤ引きとか。どうだった?
新屋:僕らの頃もありましたけど、けっこうボールに触ってましたよ(笑)
稲福:そうなの?全然触れなかったよ。筋トレ中心。


━━━  今回の甲子園、興南はどうですか?

新屋:いけると思います。興南は打撃に力を入れて、ピッチャーが2点3点取られても打撃がそれ以上に取るっていう感じで仕上がっています。
稲福:僕らの頃は機動力。そしてディフェンスで勝つスタイルだったよ。


━━━  今回、SIBA野球部はどうですか?

稲福:メンバーとはどんな風に話し合ってる?
新屋:みんな優勝を目指しています。
稲福:新屋君はどのポジションで何番希望かな?
新屋:内野手にこだわりたいです。そして上位打線に入れたらいいなと思います。
稲福:内野手は激戦区だね。監督としては、元気が一番で。うるさいベンチが好きなんで。静かなベンチなんて面白くなくて。元気出してもらえるかな?
新屋:大丈夫です(笑)
 

━━━  後輩へのエールをお願いします。
新屋:自分も興南高校出身で、練習のきつさもわかります。その練習を信じて、最後はしっかりと実力を出せれば勝てるはずです。甲子園にいけると思います。頑張ってください。
稲福:僕と新屋君共通の恩師でもある前田先生にもメッセージをお願いしていい?
新屋:はい。前田先生にはSIBAを紹介してもらって、本当に感謝しています。勉強の方も自分のペースで頑張っています。海上保安になれるように、SIBAに入学したことを後悔しないようにやっていきます!
稲福:お互いに頑張っていきましょう!
新屋:はい!

 
※インタビューの内容は文章にして読みやすいように編集してあります※ 
 

SIBA-FRIENDS.COM

 

「SIBAの事がなんでもわかる!」
オープンキャンパスにおいでよ!

尚学院国際ビジネスアカデミー

FRINEDS

SIBAで夢を追いかける学生たちをピックアップ!


 

SPORTS

SIBAスポーツ部の活躍を追いかけるドキュメンタリー!


 

RADIO-SHOW!

尚学院SIBAチャレンジ通信!FM沖縄にて毎週金曜日19時50分放送中!


 

TEACHERS

SIBAの先生は芸達者揃い!時間割にない知識を披露してくれます。


 

Events

SIBAは毎月いろいろなイベントを行っていますよ~。


 

Project-M

SIBA-FRIENDSの極秘プロジェクト。SIBAの活動はスポーツだけじゃないですよ〜。


 

晶子先生のタロット占い

SIBAには晶子先生というすごい人がいるのです...。


 

フレンドリスト

あなたの先輩も探してみよう。


 

BUCK NUMBER

見逃した記事はこちらからどうぞ。